NEW TOPICS

BLOG

【第2弾】日本全国の皆さんから寄付して頂いたマスクを施設にお届けしてきました!

全国の皆さま、貴重なマスクを寄付いただき
ご協力、本当にありがとうございました!
今回は第2弾
マスク2,000枚を社会福祉法人、栃木県社会福祉協議会様へお届けしてきました。

▽マスク寄付第1弾の動画はこちら
https://satocame.com/maskdonation.html

4月からマスクの寄付を募りました

多くの方々からたくさんのマスクを寄付していただきました。
手作りのマスクを作って持ってきてくれたママさんもたくさんいらっしゃいました。
こんな大変な時期に貴重なマスクを多く寄付いただき本当にありがとうございます。

社会福祉法人、栃木県社会福祉協議会様へお届けしてきました

社会福祉法人、 栃木県社会福祉協議会様へ訪問し、
寄付いただいたマスク2,000枚をお届けしてきました。
栃木県社会福祉協議会の常務理事である小林敦雄様。
同じく栃木県社会福祉協議会の地域福祉部、施設福祉課長兼経営指導室長の中村和博様のお二方と対談させていただきました。

クラスターに細心の注意を払うためにマスクは必需品

前回、福祉施設にはマスクのストックが3カ月分は必要だとお話を伺いました。
施設としては、万が一またコロナウイルスが流行してしまったり、施設でコロナウイルスを出さないためにも万全を尽くす必要があります。

今回のお話では、マスクは各施設に国や皆様の協力もあり、充足してきているが、3カ月分のストックを見越して動いていくため、まだまだ準備はしていかないといけない。とおっしゃっていました。
お届けしたマスクは各施設に配布していただくことになりました。
施設には特に高齢の方が多いため、クラスターが発生すると命の危険がとても高いため、マスクは必需品です。マスクの寄付本当にありがとうございました。と感謝の言葉をいただきました。

全国の皆様、コロナで大変な中、貴重なマスクの寄付をしていただき本当にありがとうございました。